ガスコンロと火災

調理や実験などで毎日使用する方も多いのですが、ガスコンロに関しての仕組みを厳密に把握している方はかなり少ないのです。最近ではこのガスコンロが原因で火災の原因となってしまう事も多いのですが、実は案外複雑な仕組みによって成り立っています。また、このガスコンロの内部とはどのような構造になっておりその構造が火災までどのように関わってくるのか、と言う事を説明していきます。

まず、ガスコンロにはガスと空気を混合させて火災という作業にいたることが出来ます。ガスバーナーの内部では燃料を噴射させる為の口が付いているのですが、そこから噴射されるガスと圧力低下と言う現象を使って生じた空気が混ざり合って混合の気体が出来上がるのです。もちろんこの仕組みによってガスコンロは成り立っているのですが、空気の量が多かったり少なかったりという状況があるので、その際には火に変化を起こすことも有るのです。

また、この開口部には孔が数多く付けられているのですが、円錐の形をした火災が付いている事が確認できます。この円錐型の火がガスの量と空気の量の調整を伝えてくれるツールともなっているのです。

これらの事から、ガスコンロの仕組みとは基本的に噴射されるガスと大気中の空気によって火災が生じている、と言う事を理解する事が出来ます。もちろんこのガスコンロにも最近では数多くの種類が登場しているのですが、基本的にはこの仕組みである事に変わりはありません。